コラム

【社員の休日】上海に行ってきた話


 
你好(ニーハオ)!広報部のヤァマン!です!
 
突然の中国語失礼いたしました。上海に行ってきたもので。
 
5月といえばゴールデンウィーク!9連休!でしたね。
しかし、以前公開した記事(スリーエスの「シフト制」についての話/極私的、シフト制のメリット・デメリット!)でご紹介したように、私はシフト制で勤務しています。
9連休はありませんが、シフト制の利を活かしてGWを少し過ぎた平日に休みをとって行ってきました!
 
中国・上海!(安かった!)
 
さて、今回は私の極めて私的な旅行談をネタにして一本書いてみたいと思います。
社員旅行など会社の行事ではなく、あくまでプライベートの旅行のお話です!あしからず!
 
他愛もない内容ですが、ぜひお付き合いください(^o^)/
 

出国~上海上陸

5月某日、遅番勤務を終えてその足で羽田空港へ。
AM2:15発 上海浦東国際空港(シャンハイプードンこくさいくうこう)行の深夜便に乗り込みました。
 
フライト時間は約3時間。時差は-1時間。
 
AM4:25、あっという間に上海到着!
※ちなみに睡眠は空港での待ち時間と機内でとりました。(足りない)
 

浦東空港~市内へ

中国では、外国人の入国時に機械で指紋と顔をパスポートに紐づけて記録します。
何故かソワソワする。謎の緊張感。
 
浦東空港からは地下鉄とマグレブ(リニアモーターカー)が出ていますが、どちらも始発が6時頃なのでタクシーを使ってホテルへ移動。
中国のタクシーはぼったくりのイメージがあったのでビクビクしていましたが、なんの問題もない善良タクシーでした。
約45分の道程、168元(約2900円)。ホテルに到着。
荷物を預け、いざ観光へ!
 

観光・初日

地下鉄は動き始めているもののまだ早朝6時過ぎ。
とりあえず55元(約940円)で買える地下鉄1日券を購入し、散策をして時間をつぶしているとじわじわと汗が・・・この日の上海の最高気温は36℃。真夏です。
 

七宝老街(七宝古鎮)


 
上海市内から一番近い水郷。地下鉄で行けます。
 
古きよき街並みから風情が漂う。
どこからか、いかにも中国っぽい笛の音が聞こえてきました。
 
食べ歩きのできる小吃(シャオチー)やお土産を買える店がたくさんあります。
ここで買い物と食べ歩きを堪能しました。
 

田子坊(でんしぼう)


 
ここもさまざまな小吃、お土産屋さんが充実。
そして右も左もめちゃくちゃインスタ映えする風景です。
 
ここぞとばかりにインスタを更新しようとするも、なぜか日本でレンタルしたポケットWi-fiの通信量がすごい勢いで増えていたので断念。容量大きいプランにすればよかった。
ホテルでまとめてアップしたろ。ということで、ここでは写真ばっかり撮ってました。
 

新天地(しんてんち/シンティエンディー)


 
欧風おしゃれロード。おしゃれなカフェやデパートがあります。
新天地駅を降りてすぐのところにある「一点点(イーディエンディエン)」という台湾発の人気タピオカ店に行きました。
めちゃくちゃおいしかったです。日本にも上陸してほしい!
 

南京路(なんきんろ/ナンジンルー)


 
大きく、南京西路(ナンジンシールー)と南京東路(ナンジンドンルー)に分かれる上海随一の繁華街。にぎわってました。
 

上海姥姥(シャンハイラオラオ)


 
南京東路から外灘に向かって歩く途中にあるレストラン。
 
ちゃんとしてる感じのお店だけど、退屈そうな店員さんが堂々と客席に座ってスマホいじりつつ雑談しています。中国クオリティ。
でも日本もこのくらいゆるくていいんじゃないかと思わないでもないですね。
 
料理はとてもおいしかったです。特に、この店の定番メニューでもある豚の角煮が絶品でした。
 

外灘(ワイタン/バンド)


 
上海といえばこの風景!写真を撮っている人がいっぱいです。
ウェディング撮影みたいなのをしている人たちもちらほらいました。いいな。
 

上海馬戯城(シャンハイばぎじょう)


 
事前にチケットを予約しておいた上海雑技を見に上海馬戯城へ。
ここで公演している「ERA 時空の旅」はシルク・ドゥ・ソレイユのスタッフがプロデュースしているそうです。
 
公演は19:30から始まり、途中休憩ありの約2時間。
まさに命がけの手に汗握るパフォーマンス。
緊張!驚き!感動!で、見終わったあとの充実感は尋常じゃありませんでした。
数千円払ってでも見る価値あり!
 
座種がVIP席・A席・B席・C席とあって、私は7200円ほどのA席にしました。
前から3列目でセンターより少し下手寄りの位置で、よく見えました。
客席が円状になっているので、どの席でも見やすそうですが、真正面のVIP席に向かってするパフォーマンスが多いので、次があったらVIP席を選びたいところ。
 

夜の南京東路&外灘


 
22時過ぎに再び戻って、夜景を堪能。
しかし23時には消灯してしまうので、あまりじっくりとは見られませんでした。
 

ホテル

宿泊するホテルは「Golden Tulip Bund New Asia」。
安いのにかなり綺麗でいいホテルでした。
アメニティも一通りそろっているし、何も問題なし。
 
ホテルのWi-fiに接続するも、グレート・ファイアウオールのアクセス制限に苦戦。
 
Google使えない!
インスタ更新できない!
ポケ森できない・・・!!
 
いろいろ試してなんとかVPN接続可能にできるアプリを見つけました。
日本にいるうちにアプリを入れてVPN接続設定しておくのがよさそうです。
 
翌朝。
ホテルの朝食ビュッフェをいただきます。
どこのホテルにもありそうなメニューにくわえ、中国らしいメニューもちらほら。
おかゆがおいしかった。
 
 

2日目・観光

9:00にホテルを出て、17:00頃空港に向かうまでたっぷり上海を満喫。
 

上海中心(シャンハイタワー)


 
中国で一番高い超高層ビル!その高さ632m
 
ドバイのブルジュ・ハリーファに次ぐ、世界2位の高さだとか。
東京スカイツリーは塔の部分含め634mなので、それを入れたら3位になるそうです。
風景は空気がよどんでいるのでクリアには見えませんが、とにかく高かった。
 
このあと、あの有名な丸いやつ、東方明珠電視塔(とうほうめいしゅ-でんしとう)へ。
上海タワーで高さはお腹いっぱい味わったのでふもとから写真撮って満足。
 

豫園(よえん)


 
有名な庭園。中国っぽい建物が並んでおり、小吃からお土産屋さんからいろんなお店がそろっています。
 

 
フードコートのようなところで、小籠包の本家といわれる「南翔饅頭店」の小籠包とプチロブスターをいただきました。
小籠包は冷めていた・・・。ロブスターは食べづらいけどおいしかったです。
外に出たら出来立ての南翔小籠包もあったのでリベンジ。おいしかった。
 
ここでお土産をいろいろと購入。
上海の銘菓「大白兔キャンディ」、ソラマメを茹でたり炒ったりした「五香豆」、中国茶、などなど。
「大白兔キャンディ」は会社へのお土産にしました。
 

再・新天地

一点点のタピオカ再び。緑茶も甘いのが中国流。2度目もおいしかった。
新天地にあるデパート内にあるお店で、上海発のスニーカーブランド「フェイユエ」の靴を買いました。
安いもので一足98元(約1700円)。やっすい。しかも履き心地も上等!
さっそく靴を履き替え新しい気持ちで再出発!
 

佳家湯包(ジャージャータンバオ)


 
人民広場駅から徒歩10分弱。1つ28元(約490円)で小籠包12個入り。安い。
レシートに書かれた番号で呼ばれるのですが、中国語の数字の発音が分からずわたわたしていたら、お隣の女の子が教えてくれました。謝謝。
2人で半分ずつにしましたが、1人1つでも余裕そうでした!最高においしかった!
 

さようなら、上海


 
浦東国際空港までは龍陽路駅から出ている「マグレブ」に乗ってたったの7分。
私の乗った時間帯は時速300kmでの運転でしたが、時間によって430km出すそうです。
速いし静かであっという間でした。
 

まとめ

 

  • 地下鉄がすごくわかりやすいし、だいたい地下鉄で行ける
  • 中国人は外国人相手でも中国語で喋り続けるのがデフォなので驚かないこと
  • 喋り方の圧がすごいだけで、基本みんないい人
  • 若い人は比較的英語ができる人が多い模様
  • VPN接続の準備は出発前におこなっておくこと
  • 空港のWi-fiはKioskでPASS発行するとよいでしょう
  • 小籠包うめえええ!!!
  • 次は上海ディズニーランド行きたいな!
  •  
     
    上海満喫してとても楽しい有意義な休日を過ごせました!
     
    以上、【社員の休日】上海に行ってきた話 でした~。
    再見(ツァイチエン)!



    関連リンク

    お問合わせはこちらから!


    トップページへ